【お知らせ】 "仕事の質"をテーマに「会社の仕事を作り直す方法」を刊行

 当社パートナーコンサルタントの小久保重信(こくぼ・しげのぶ)氏が、製造業を対象とした小冊子『社員力を100%活かすための会社の仕事を作り直す方法』を刊行致しましたことをご報告申し上げます。

bizblocks.jpg この小冊子では、"仕事の質"をキーワードに、本質から離れていく仕事、本質が変わるのに変わっていない仕事の"ズレ"を是正し、「仕事の質を上げる方法」について解説しています。また、100%社員の力を引き出すために、企業としてのビジョン(方針)やミッション(使命・役割)の重要性、そして、考え判断する重要性について簡潔に記されています。

 製造業の方は勿論、組織改革・改革人材育成に取り組むSCM・ロジスティクスに関わる方にご一読頂きたい内容となっております。ご関心がある方は、以下から、「ロジラテジ-紹介」とご明記の上、「(有)ビズブロックス」まで直接お問い合わせください

『社員力を100%活かすための会社の仕事を作り直す方法』

Ⅰ はじめに
Ⅱ あなたの仕事は"本質"からズレている
   1 モノの"本質"
   2 "本質"はズレていく
   3 仕事も"本質"がズレていく
   4 改善活動をしたらズレが起きる!?
Ⅲ ズレが「仕事の質」を落とす
   1 会社の経営や事業への貢献
   2 向かうべき方向はどこなのか
   3 「仕事の質」とは何か
   4 典型的な日本の企業はどうなっているのか
Ⅳ どうして仕事はズレるのか
   1 そもそも基本ができていない
   2 一度作ったら変えない
Ⅴ 仕事は"機能"で繋がっている
   1 機能 - 仕事には必ず目的がある
   2 重み - 仕事には重要度がある
   3 プロセス - 仕事にはつながりがある
   4 仕事と"本質"が一致するとは
Ⅵ ズレを直して「仕事の質」を上げる
   1 あるべき仕事を洗い出す
   2 あるべき仕事と今やっている仕事を比較する
   3 ズレを"プロセス"から直す
   4 簡易的にズレを直す
Ⅶ 社員の力を100%活用するために
   1 会社として取り組む必要性
   2「仕事の質」を上げるためのマネージャーのミッション
   3 考える余地を仕事に残す
Ⅷ おわりに


※(有)ビズブロックスのホームページに遷移します
お申し込みはこちら