関東圏で遊休施設(物流不動産)をお持ちの物流業界関係者の皆様へ

「ロケ地」(テレビドラマ&映画撮影地)ご提供者募集

 直接的に、物流業に関係する話ではなく恐縮に存じますが、とある映像制作会社より、本年夏~秋にかけて放送されるテレビドラマの撮影場所(以下、「ロケ地」)として、物流関連の施設についてのご照会・ご提案をお受け致しました。本件は、倉庫内などの施設を撮影するための「テナント貸し」という意味ではなく、遊休事業資産として空いている、あるいは、解体前などの理由で手つかずになっているような「収益化していない物流施設を用いて、従来の「坪貸し」という収益モデルではなく、制作会社(あるいは、イベント会社)とコラボレーションする形で、新しいビジネスモデルを創っていけないか」という新しいご提案です。


 以下に、「ロケ地候補の概要・主旨」などを記載致しますので、主旨にご理解頂き、ご関心がある方は、お気軽に、延(のぶ)までお問い合わせ下さい。尚、本件、これから新しいビジネスを創造するという類の話であり、仮に、以下に記載した希望条件などに合致しない場合でも、ご提案主体の制作会社担当者の方と協議の上、調整余地は多分にありますので、予め、その点、お含みおき頂ければ幸いです。


【概要】

 希望地:①関東圏(都心から車で一時間程度)、②その他(主旨とのシナジーによる)
 スペース:250坪以上(※現状使っているスタジオが33×25=825㎡))
 その他:古い洋館のセットを組むので天井高(※倉庫内撮影が目的ではない)
 撮影内容:本年7~9月放送のテレビドラマ、来年公開予定の映画の同時撮影
>

【主旨】

・通常の撮影スタジオではなく、遊休地や空き倉庫などに、従来、使い捨てになっているセットを作り、撮影中、または、テレビ放送から映画公開までの間、そこを、ファンなどの一般の人に、有料の撮影見学、あるいは、その他集客できそうな世代をターゲットにした新規ビジネスを織り交ぜ、ドラマ制作・映画制作の新しい価値やビジネスを創造できないかというトライアル企画的な意味合い


・撮影スタジオと比較して、楽屋などの機能性に乏しい倉庫で賃料が発生するならば、そもそも、撮影スタジオで良いとの議論になり、施設的なデメリットを凌駕するためには、ビジネス的(コスト的)には、賃料を可能な限りゼロに近づけたい


・拠って、そもそも、物流業として機能していない(テナント付けし難い)空倉庫、あるいは、取り壊し前の倉庫や、遊休地などを活用する形を想定(※セットを映画公開まで(場合によってはずっと)保全する可能性、天候よる撮影スケジュール遅延などを発生させないために、屋根があった方がベターという話)


・他の選択肢(検討先)としては、①遊園地などのアミューズメントパークの空地、②古い洋館などが立ち並ぶエリア(*○○館のような施設で、数百円程度の入館料を取っていて、ロケ地としてのバリューを挙げ、集客効果を挙げたい建物管理者)、③各地のフイルムコミッション、④地域おこしなどの主体、があります


・ あくまで、物流会社の施設は選択肢の一つである


・ 物流業で考えた場合、現実的には、①前述の主体、②物流施設オーナーのご関心、③地元の商工会議所でまちおこしに熱心な主体、あるいは、④自社のブランディング、社内活性化などに活用できるのではないかとご理解頂ける方を想定しています



 物流業務の話ではないものの、物流施設から、新しい形のビジネスが生まれるキカッケをご提案したい、ロジスティクス業界にクリエイティブな風を興し、遊休事業資産というピンチをチャンスに変えることができないかとの思いで、制作会社様からのご相談をお受け致しました。


※お問い合わせの際、件名に「ロケ地」とご記入下さい
お問い合わせはこちら