【終了】 物流現場効率化セミナー 「物流労務管理効率化」

荷主企業、物流企業経営層、経営企画部、人事総務責任者向け


ロジスティクス改革の盲点は、

「物流労務管理の効率化」にあり



14:00~15:00 第1部:「物流労務管理効率化の"ツボ"教えます」

講師:栃本 浩昭(とちもと・ひろあき) ㈱ロジラテジー 物流人材コンサルタント

・ 改善インパクトの大きい荷役人件費削減は、ロジスティクス改革「最後の本丸」!
・ 物流労務管理の効率化が、抜本的な荷役削減につながる理由!
・ "現場任せ"だからうまくいかない!労務管理の効率化は経営レベルの課題!
・ スポット派遣がコスト悪化要因!労務管理の効率化で、波動調整の自社化が実現!
・ 物流労務管理効率化のポイントを詳細解説!
・ 成功企業に学ぶ「物流労務管理効率化の成功法則」検証!



15:00~16:00 第2部:「物流労務管理効率化の事例紹介」
講師:有村 虎彦 ㈱人材ビジネス総合研究所 コンサルタント 

・ コスト高要因は「手待ち時間」と「残業時間」、"必要なときに必要なだけ"の労働力調整
・ アナログな労務管理はかえってコスト高!労務管理コスト削減が現場収益に影響!
・ もうスポット派遣に頼らない!IT活用で、「最適人員配置の自社化」が実現!
・ 物流現場IT活用事例 ①アパレル自家物流会社、②通販物流子会社、③物流専業者



16:10~17:00 第3部:「ロジスティクスコスト改善情報交換会」
※任意参加

・ ロジスティクスコストの大きなウェートを占める「荷役人件費削減」をテーマに情報交換会
・ "最適人員配置"により、荷役人件費を削減した物流企業の成功要因を分析
・ 「スポット派遣」 → 「直接雇用化」の成功事例を交えながら、自社の課題を整理



【前回参加者の声】

 ・「労務管理ITツールについて詳しく聞けて良かった」 (メーカー系荷役子会社・現場担当者)
 ・「シフト管理の重要性、具体的な対応について良くわかった」 (中堅物流専業者・課長)
 ・「理解しやすい内容で、社内の検討事項に活かしていきたい」 (物流子会社・マネージャー)
 ・「直接雇用化にむけて具体的なシステム・運用の比較ができた」 (中小3PL事業者・主任)



【セミナー概要】

ロジスティクス改革の盲点は『物流労務管理の効率化』にあり

主催:㈱ロジラテジー/共催:㈱人材ビジネス総合研究所
日 時 :2011年7月26日(火) 14:00~17:00 (受付13:30~)
※お申し込み時に、ご希望のお日にちをご記入下さい
場 所 :株式会社ロジラテジー セミナールーム(東京都千代田区麹町5-3-23 ニュー麹町ビル9F)
     ※ JR四ツ谷駅「麹町口」徒歩6分/営団地下鉄有楽町線「麹町駅2番出口」徒歩5分
参加費:無料 (1社2名様まで)  ※ 本セミナーは物流・荷主企業様限定です
お問い合わせ:03-3264-0900 担当:栃本(とちもと)


【講師プロフィール】

栃本 浩昭(とちもと・ひろあき)物流人材コンサルタント
栃本浩昭.jpgのサムネール画像 1968年生まれ。早稲田大学教育学部卒業。92年、日産火災海上保険㈱(現:損保ジャパン)入社、損害保険代理店の育成・指導、新規販売網の拡大などを行う。00年8月、人材派遣会社㈱エスプール入社に入社し、主にエリアマネジメント・法人企業の新規開拓に注力し、東日本統括部長・営業本部長などを歴任。物流現場の労働者プロフェッショナルの第一人者として、派遣法改正問題でテレビをはじめ数々のメディアに登場。物流業、人材業に精通する数少ない専門家。
有村 虎彦(ありむら・とらひこ) ㈱人材ビジネス総合研究所 コンサルタント
arimura.jpg 1999年、早稲田大学理工学部在学中よりWEB制作会社を起業。大手自動車メーカーのCRM・コミュニティ企画開発、都銀系総研のBtoBサービス企画開発を手掛けるなど、IT業界の最前線で活躍。その後、物流現場の労務管理に特化したクラウド型ITツールの開発に成功。物流現場独特の業務波動に対応した人員調整を可能とする革新的なサービスの提供を通じ、労務管理の効率化・標準化・コスト削減に大きく貢献する。物流現場の労務管理ITに精通するスペシャリストとして、第一線で活躍中。
【アクセス】

map1.gif
    ※1Fに「FedEx Kinko's」が入っているビルの9Fです
  • ■JR・地下鉄丸の内、南北線四谷駅(麹町口)から徒歩3分
  • ■地下鉄有楽町線麹町駅から徒歩7分
  • ■徒歩半蔵門線半蔵門駅から徒歩10分


  • ※以下のお申し込みボタンをクリックすると、別ウィンドウで申し込み用紙(pdf)が開きます お申し込みはこちら