【終了】 ライフデザインフェスタ 「物流業界は"ライフデザインに最適な業界だ」

この度、弊社コンサルタント3名(鈴木邦彦・三好さと子・栃本浩昭)が、一般社団法人 日本ライフデザインプロデュース協会主催「ライフデザインフェスタ VOL.2」にて、講演を行いますことをご報告申し上げます。以下、弊社コンサルタント講演分について、詳細を記載致します。(※「ライフデザインフェスタ VOL.2」についての詳細は、コチラをご参照下さい。(※当初の告知内容と講演内容が変更になっております)


弊社は、"物流と人"をコンセプトに据え事業を展開しております。この度、「一般社団法人 日本ライフデザインプロデュース協会」様より、「物流とライフデザイン」についてのご講演の貴重な機会を賜りましたので、弊社に参加し、物流業界での起業、あるいは、今後、起業を目指すメンバーを中心に、3名が「自身のライフデザイン」について講演を致します。


弊社に参加するにあたり、「自立した個人」「独立の気力」「自分のモノサシ」という3つの機軸に賛同することが前提となっており、単に、物流業界におけるコンサルティングなどの「仕事の充実」にとどまらず、「円満な家庭生活」、「地域や社会への貢献」への取り組みを積極的に推奨しています。


今回、講演をさせて頂くメンバーは、土日祝祭日に、各々が「児童養護施設での学生教育支援ボランティア」、「外国人出稼ぎ家族の子供教育支援ボランティア」、そして、福島第一原発から4キロに実家があるメンバーは、原発事故を機に、埼玉県加須市に避難している出身地隣町の双葉町の皆様とともに、物流現場などで用いる「保冷剤」を用いた商品の製造ライン新設などに取り組み、被災者の雇用を創出する活動に従事しております。


本イベントは、物流をテーマにしたものではございませんが、物流業界に身を置かせて頂いている立場と致しまして、甚だ、僭越ながら、「若者」、「女性」、「異業種出身者」の方々に、少しでも、物流業界に関心を持って頂くキッカケになればとの思いで、本イベントへの参加することに致しました。


弊社メンバーの講演は、「物流業界で起業をお考えの方」、「物流業界で働かく女性の方」、あるいは、「物流業界を定年で卒業され、第二の人生を歩まれようとされている先輩方」に聞いて頂きたい内容となっております。


結論:物流業界は"ライフデザイン"に最適な業界だ

~面白き こともなき世に 面白く~


はじめに:ロジラテジーからのメッセージ「独立の気力」

(1)「物流業界だからできる"起業人生設計"」 鈴木 邦彦

   ① これからの時代を生き抜く鍵は「独立の精神」にある
   ② ライフデザインは「独立」、「起業」がベストな選択だ
   ③ 物流業界における「起業のススメ」~発想の転換~
   ④ 物流業界だからできた「私のライフデザイン」
   ⑤ 児童養護施設での学生教育支援ボランティア活動

【ビジネスプロセスコンサルタント 鈴木 邦彦(すずき・くにひこ)】

鈴木邦彦.jpg 1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社にて公的機関の全国ネットワークの保守運用設計を担当、1万を超える拠点をつなぐネットワークの保守運用スキームを設計。その後、人事・組織系コンサルティングファームにて人材育成プランニング、営業組織改革、管理職候補者育成、グループ経営組織改革等のコンサルティングに従事。2010年よりビジネスプロセス構築を専門とした会社に勤務。効率的・効果的な業務可視化手法「BPEC」の社会普及のため、BPEC手法に基づく業務可視化・業務改善サービスの開発・提供を手掛ける。2011年6月より現職。"見える化"の若き伝道師として、ビジネスプロセスの重要性を説く。

(2)「物流業界だからできる"女性の起業"」 三好 さと子

   ① 私が、大手通信会社をやめた理由
   ② 30代からのライフデザイン作り ~物流業界との出会い~
   ③ 男社会の物流業界だから"女性"はチャンスだ ~逆転の発想~
   ④ 物流業界で夢見る"女性の理想的な働き方"
   ⑤ 外国人出稼ぎ家族の子供教育支援ボランティア

【マーケティングコンサルタント 三好 さと子(みよし・さとこ)】

三好智子.jpg 1980年生まれ。青山学院大学経営学部卒業。在学中、小林保彦教授(日本広告学会・元会長)に師事。統合型マーケティングの薫陶を受ける。黎明期の「Webバズマーケティング」を研究。大学卒業後、大手通信事業会社に入社。法人向けソリューションの営業支援・マーケティングを担当。プレスリリースやWebマーケティングに携わり、パブリシティとブランディングとの相関関係に着目。効果的なスキームを確立した。退職後、女性向けアパレルの立ち上げにともない、仕入れから販売までの業務を設計。ネット通販事業の立ち上げでは、ソーシャルメディア(blog・SNS)を有機的に結合し、コアリピーターを激増させる。イベントなどのアナログ手法とデジタル手法を駆使するマーケティングミックスには定評がある。2011年からロジラテジー勤務。マーケティングコンサルティングでは、Webをからめたメディアミックスに定評がある。


(3)「物流業界だからできた"私のライフデザイン"」 栃本 浩昭

   ① 私が、大手損保会社、上場会社を辞めた理由
   ② 二度の失敗を経て辿り着いた物流業界という選択
   ③ テキーラを4本飲んだ夜、意識を失い、出会いがあった?
   ④ ライフデザインは、自分のモノサシを持つことが第一歩 
   ⑤ 今、ふるさとを思う ~原発の町(福島県大熊町)に産まれて~


【物流人材コンサルタント 栃本 浩昭(とちもと・ひろあき)】

life.jpg 1968年、福島県大熊町に産まれる。早稲田大学教育学部卒業。92年、日産火災海上保険㈱(現:損保ジャパン)入社、損害保険代理店の育成・指導、新規販売網の拡大などを行う。00年8月、人材派遣会社㈱エスプール入社に入社し、主にエリアマネジメン・法人企業の新規開拓に注力し、東日本統括部長・営業本部長などを歴任。物流現場の労働者プロフェッショナルの第一人者として、派遣法改正問題でテレビをはじめ数々のメディアに登場。物流業、人材業に精通する数少ない専門家。


「ライフデザインフェスタ VOL.2」
 結論:物流業界は"ライフデザイン"に最適な業界だ
 ~面白き こともなき世に 面白く~

 日時:2011年10月30日(日)10:30~12:30(※弊社講演)
 場所:Puzzle Shibaura(東京都港区芝浦3-14-19 大成企業ビル6階)
 備考:詳細・お申し込みは、以下からお願いします


お申し込みはこちら