解除

E-MAIL

物流業の事業承継(含む、M&A)支援強化について

 ここ数年、主に、財務関係のお仕事を手掛けられる会社などから、物流会社のM&A(事業承継) について、ご意見を求められることが増えてきました。その際、些少なりとも物流業を知る者として、疑問を抱くこと、違和感を覚えることが多々あります。

 しかし、M&Aなどという事案は、その相談を受けた会社が全てを取り仕切るのが基本で、必ずしも、私のような物流目線の意見が反映されない場合があります。また、報酬の取り方にも、一定のルール(*レーマン方式等)があるため、「会社を売らないと始まらない(ギャラにならない)」といった側面もあります。

 個人的には、そのようなビジネス慣習の限界を感じる部分もありますが、さりとて、M&Aや事業承継のご相談を手掛けられるプレイヤーの方々も、ボランティアで携わる訳にはいかない。しかし、そのことが、「孤独に苦悩されている物流業経営者に心耳を澄ましているのだろうか?」と、財務の専門家が描く出口戦略に、疑問を覚えることがあります。

 このような思いから、物流業に軸足を置く自分に何が出来るのだろうか?と考えた時、もう一度、物流業の経営者が苦悩する事業承継関連のご相談に、真摯に向き合い、憂う気持ちに寄り添ってみたいと考えるようになりました。コンサルティング会社らしくない、情緒的な動機かもしれませんが、「1000箇所上の物流現場を歩いてきた、"物流の専門家"だからこそ出来る事業承継、M&Aのご相談」を強化して参りたい所存です。