【ニュースリリース】 中堅・中小トラック運送会社向けセミナー開催報告

 9月6日(木)午後、東京都立産業貿易センター・浜松町館にて「中堅・中小トラック運送会社向けセミナー」を開催した。セミナーの模様をフォトレポートでご紹介したい。


2012090601.jpg セミナーのメインテーマは、中堅・中小トラック運送会社を対象としたドライバーの募集・採用について。


2012090602.jpg 奇しくも、特別ゲスト講師の橋本直行船井総研シニア経営コンサルタントは、この日が40歳の誕生日。セミナーには似つかわしくないサプライズのバースデーケーキのプレゼンテーターは、「ドライバー採用」にかけて、アイデム人と仕事研究所の平田所長。


2012090603.jpg ドライバー採用のコツを時間いっぱい熱弁をふるって頂いた。"不惑"に記念すべき日に相応しく、参加者が経営に迷うことの無いような貴重な講演であった。


2012090604.jpg 第二部は、パルマSVC伊藤義治取締役・CTO。伊藤氏は、パリダカールラリーで感想経験がある文字通りのドライバー。その縁もあってか、今では、ドライバーを給与の点からサポートするビジネスを。ドライバーの趣味、生活サイクル、ドライバーのタイプ、募集時期の傾向などを、数値にもとづきこと細かに分析。ドライバーの「定着」のためには、ドライバーの視点に立った業務設計が不可欠と説く。物流業界に長らくいるが、この手の話をまとめて聞いたのは初めてだった。


2012090605.jpg 休憩を挟んだ第三部の講師は、ジェイフィックの高田礼代表取締役。自社株の評価や事業承継など、トラック運送会社が見失いがちな部分の重要性をご講演頂いた。


ドライバーを対象にした調査によると、10年以上在籍しているドライバーは46%。しかも、年々、この比率は下がってきている。ドライバーは、ボーナスをもらって辞めるという固定概念を捨て、定着させるのも一つの方法。そのためには、ドライバーの視点に立ち、募集・採用においても、ドライバーが知りたい情報をキチンと伝えることを再確認できたセミナーだった。(文責:ロジラテジー 代表 延 嘉隆)